転職案内 - 管理薬剤師のお仕事内容について

管理薬剤師の仕事内容

管理薬剤師という立場を任せられた場合、薬剤師として働いていた頃には担当しなくて良かったような業務も担当することになります。中には、薬剤師の仕事とはかけ離れたような業務もあるので、理解しておきましょう。

管理薬剤師という名前からもわかるように、この立場に立った人は管理職と薬剤師の両方を兼務する形になると思ったほうがいいですね。これまで上の立場から指示を貰って薬剤師としての仕事をしていたという人は、今度は自分がその指示を出す側になります。

薬剤師の働き方もいろいろありますが、正社員としてだけでなく、パートやアルバイト、派遣なども働き方もあります。管理薬剤師になるとそれぞれの立場の人が理解できるように適切な指示を出す必要があるので、頭を使ったり、工夫しなければならないこともたくさん出てくるでしょう。

それに、どこで薬剤師として働くかによっても必要とされる知識は異なってきます。それまで管理薬剤師として働いていた人だったとしても、転職をして職場が変われば一から勉強しなければならないことや、覚えなければならないことも出てくるのです。

薬剤師としての仕事として挙げられるのは、品質管理や帳簿つけなどの作業です。他にも在庫管理、各種確認作業、各機関との連絡などが挙げられます。様々な文書を取り扱うことにもなるため、デスクで仕事をする機会も増えるでしょう。

それから、管理職といっても顧客対応もしなければならないのが一般的です。特に薬局やドラッグストアなどではお薬相談や服薬指導といったことを行わなければならないので、担当すべき業務はたくさんあります。

自身が経営をしている薬局ではなかったとしても、立場的には店長と同じか、それ以上の権限を任される場合もあるので、責任感がある人でなければ管理薬剤師の仕事は務まらないと言えます。

非常にやりがいがある仕事ではありますが、向上心がある人でなければ続けるのは難しいので、管理薬剤師として活躍できるように努力してみてはどうでしょうか。

薬剤師が担当する仕事

薬剤師の仕事としてすぐに思い浮かぶのは調剤ですよね。ですが、調剤だけをするのが薬剤師ではありません。他にもたくさんの業務を行っていくことになります。まず、服薬指導が挙げられます。

薬剤を受け取った患者さんがその薬を正しく使うことができるように指導を行っていくことです。なぜその薬を飲まなければならないのか、その薬にはどんな効能や効果があるのか、どんなことに注意しなければならないのかなど、1つ1つ患者さんが分かるように説明をするのは、非常に大切な仕事ですよね。

調剤に関して質問をされることもありますが、その質問に対しても患者さんの疑問を解決できるように適切な回答をすることが重要です。病院で勤務する場合は、入院患者に対して服薬指導を行いますが、今後は自宅介護の患者さんに対しても服薬指導を行うことが増えていくでしょう。

各家庭を訪問して服薬指導をする際には、基本的に一人で出向くことになるため、一人一人の薬剤師が責任を持って高い知識を持たなければなりません。

次に、医療品管理も薬剤師の仕事です。薬剤には、それぞれ使用期限が定められています。もし需要以上の薬剤を保管してしまうと、赤字に繋がってしまうこともありますが、そうならないように在庫管理をするのも仕事です。

もちろん在庫不足があってもよくないので、丁度良い量を見極める能力も必要とされますが、これは経験も大切となってきます。職場によっては、医療品の製造に関する業務を担当することもありますね。この場合、他にもたくさんの専門的な知識が必要となります。

それから、薬事衛生に関する業務を行う職場も多いです。化粧品や医薬部外品の製造を行ったり輸入、販売をする際に活躍している薬剤師もいますが、他にも様々な現場で活躍しています。

毒物や劇物の鑑定をしたり、大気汚染や水質汚染に関することも薬剤師の仕事です。ここでは薬事衛生に関する仕事を行うことになるわけなので、職場によって求められる能力は違ってきます。

メニュー
管理薬剤師